《コロナ下に開業した個店、その先へ》シトロン(静岡県・浜松市) 地方でも成長可能、大人に響くSNS

2024/02/26 12:30 更新有料会員限定


トラッドを軸とした品揃え

 「コロナ下だったから地方で起業しました」と静岡県浜松市でメンズセレクトショップ「シトロン」を開いた長沼巧佑代表。メインターゲットである40代後半~60代の男性がコロナ下で洋服を購入する手段としてECのハードルが下がり、SNSにも抵抗感が無くなったことが大きいという。

インスタが入り口

 長沼代表は、東京・上野のセレクトショップ「フリーポート」で店長などを経験した後、妻の実家である静岡県浜松市に移住し、22年3月にシトロンを開業した。トラッドやアイビーベースの長く着られる服を揃える。前職の最後の頃にECやSNSの浸透を実感していたため、「場所は関係なく、どこからでも発信できる」と確信していた。開業後、EC売り上げは想定通りに推移した。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ランキング形式のデータブック
プレゼントキャンペーン実施中!

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定デジタルニュース



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事