《山本伊都子のVMDクリニック⑬》2月前半編 春商戦は短期決戦 新鮮さで新しい季節への期待を喚起

2024/02/13 06:29 更新有料会員限定


 春商品の投入が始まっていると思います。セール商品の圧縮と春商品の全面陳列の準備ができていますか? 春の商品は投入されたらできるだけ早く店頭に陳列して下さい。春商戦は短期決戦です。店頭での販売日数ができるだけ長くなるようにすることは、それだけ売れる機会があるということです。

【関連記事】《山本伊都子のVMDクリニック⑫》12月後半編 インストアVMDの基本を学ぶ MD構造とシーズン展開の実践

 2月15日からの本格的な春の立ち上がりに向けての準備がこの時期のテーマです。

売り上げ構成比と什器台数の整合性

 2月全体の売り上げ構成比は、およそ春商品40%、セール商品40%、梅春商品20%くらいになっています。これを売り場の什器に当てはめて考えると、それぞれ何台使えますか?

 セール品は20日ごろの棚卸しで引き揚げる店が多いので、後半は春商品の陳列什器を拡大したVMD計画を立てます。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

申し込み当月購読料
無料キャンペーン実施中

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定連載



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事