《視点》インバウンドに変化

2019/10/08 06:23 更新


 東京五輪まで1年を切ったというなかで、訪日外国人客数がマイナスに転じたことに少し驚いた。先月発表された8月の訪日外国人客数は前年同月比2.2%減の252万人で、11カ月ぶりに前年同月を下回った。

 日韓情勢の悪化が響いた。韓国からは48%減の30万8700人と半減。韓国の旅行者はここ数カ月、中国やベトナムなどに渡航先が多様化してマイナス基調にあったとはいえ、インパクトは大きい。韓国人客に支えられている小売店や観光地は少なからずダメージを受けたはずだ。

 一方、伸び続けているのが中国だ。前年同月比16.3%増の100万600人で、8月として過去最高だった。航空路線が増え、個人ビザの発給要件が緩和されたことも利いている。

 この結果、8月の訪日客数では中国が韓国の3倍以上となった。1月の時点では韓国(78万人)が中国(76万人)を上回っていたが大きな差がついた。

 ラグビーワールドカップが開幕し、訪日客数はここから再度盛り返すことが予想される。街で欧米人を見かける機会も増えた。インバウンド戦略を見直すには良いタイミングかもしれない。

(藤)


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop