《視点》ゆっくりだが大きな変化

2017/11/09 04:00 更新


Medium %e8%a6%96%e7%82%b9 %e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%b9
画像はイメージです

 レディスと比べると変化があまりないのではと思えるメンズだが、「たんすの中身は、20年前とは全然違いますよ」と洋品メーカーの男性社員から聞いた。特に洋品でその傾向が顕著という。

 例えば紳士靴下。不動の定番だったクルー丈だが、ここ数年で、スニーカーに合わせるようなショート丈や靴から見えないカバータイプが主流になった。春夏だけでなく、秋冬でも定番化しつつある。

 アンダーウェアは長年の定番だった布帛トランクスからボクサーパンツへと変わった。大人だけでなく、幼稚園・保育園児や小学生も、ボクサーが定番化しているという。アンダーウェアは綿から合繊が主流になったのも大きな変化だ。

 ナイトウェアを見ても、布帛のシャツパジャマからスウェットやTシャツなどルームウェア・ラウンジウェア感覚のものへと大きくシフトした。

 日々の取材では、前シーズンや前年との違いに目を向けてしまいがちだが、大きくゆっくり動くトレンドもある。目先の変化にだけとらわれては、時代をとらえられない。

(壁)


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop