売り場観測・百貨店ヤング7月 ドレス&カーディガン人気

2019/07/31 06:27 更新有料会員限定


Medium %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5  2

 7月の百貨店ヤング売り場は、例年より気温が低い日が続いた影響で盛夏物などの動きは鈍かった。一方で、ドレスや軽く羽織れるカーディガンが動いた。ドレスにカーディガンの組み合わせが人気。実需志向は変わらず高く、着回しの良さとオンオフの汎用性を求める傾向が強い。(価格は税込み)

【関連記事】売り場観測・百貨店キャリア スカートとドレスが人気

伊勢丹新宿本店「イセタンガール」

ゆったりマキシ丈

 肌寒い日もあったことで、初秋物のドレスやカーディガンなどが動いた。気温によって脱ぎ着しやすいものなど着回しできるアイテムの反応が良い。また、ドレスでも洗える、しわになりにくいなどの機能が求められている。

 ドレスはこれまでのイセタンガールではフィット&フレアでカワイイ系の傾向が強かったが、ここ最近はマキシ丈のゆったりとしたデザインが人気。さっと着て大人っぽくこなせることが要因とみている。レースや刺繍を使った透け感のあるものが売れている。ドレスにはカーディガンを羽織るコーディネートが好まれている。

 色はモスグリーンなどスモーキーな色が動いている。

「ジルスチュアート」の透け感のある涼し気なドレス(3万2400円)
「ランバン・オン・ブルー」のドレス(3万1320円)とカーディガン(1万7280円)の組み合わせ

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop