ユナイテッドアローズ 子会社フィーゴをユニオンゲートグループに譲渡

2021/03/29 15:55 更新


 ユナイテッドアローズは、子会社のフィーゴを3月31日付でユニオンゲートグループ(東京、中川有司社長)に譲渡すると発表した。譲渡金額は非開示。

【関連記事】ユナイテッドアローズ、4月1日付けで松崎副社長が社長に 竹田社長は取締役相談役

 フィーゴはイタリアのバッグブランド「フェリージ」が主力のインポート卸。ユナイテッドアローズは05年に同社の全株式を取得した。資本金4000万円で、20年3月期の売上高は24億円。「市場環境の変化により、グループとしてのシナジーを生みながらフィーゴの継続的な成長を目指すことが難しい」ことから、譲渡を決めた。ユニオンゲートグループはバッグの「ブリーフィング」、革製品の「ファーロ」を販売している。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop