ツイードランビシュウ2018 愛知県犬山市で開催

2018/12/05 10:58 更新


Medium %e3%83%84%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%a9%e3%83%b3 %e3%83%93%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%8c%e3%83%a4%e3%83%9e%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%98%e3%81%ae%e7%ac%ac%ef%bc%91%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97

 名古屋地区で6回目となった「ツイードランビシュウ・イヌヤマ2018」がこのほど、愛知県犬山市で開かれた。

【関連記事】【ツイードラン東京】自転車とファッションを楽しもう

 晴天に恵まれた今回のランでは、国宝の犬山城を見学後に城下からスタート。木曽川沿いから木曽川犬山緑地、観光地としても知られる本町通りを経てスタート地点に戻った。

 尾州産地の企業や専門商社などのウール業界、一般からを合わせて200人が参加。8組に分かれて自転車による犬山散歩を楽しんだ。

 明治村・西郷従道邸前で参加者全員の写真撮影を終えた後、恒例のティーパーティーを明治村ホールで開催した。パーティーでは、椙山女学園大学服飾コース学生によるファッションショーが、ウールきものをテーマにして開かれた。

 栗野宏文実行委員長が選ぶ恒例のベストドレッサー賞には、一般参加で「ツイードラン名古屋参加の常連」である安藤健介さんが選ばれた。

明治村西郷従道邸前で集合写真
椙山女学園大学はウール着物テーマにショー
ベストドレッサー賞に選ばれた安藤健介さん
ツイードランビシュウ・イヌヤマ2018のラン第1グループ

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop