《24年春夏トレンド》④フルイドフォルム 風をはらんで揺れる造形

2023/11/16 13:00 更新有料会員限定


 24年春夏デザイナーコレクションは、新しい造形を模索する動きが目立っている。風をはらんで揺れる造形もその一つだ。軽やかなシフォンやオーガンディで描くドレープやラッフル。薄い布の重なりがふわふわと浮遊しながら、流動的なフォルムを描く。より軽く、より滑らかに。揺れる造形の表現方法は多岐にわたっている。

(青木規子、写真=大原広和、ブランド提供)

【関連記事】《24年春夏トレンド》③ボディープライズ くびれを強調しながらセクシー控えめ

天女の羽衣の浮遊感

 24年春夏トレンドのフルイドフォルムは、「プラダ」の新作が象徴的だ。さまざまな素材が揺れるルックが勢揃いした。特に目を引いたのは、極薄オーガンディを重ねたドレス。ベースのドレスに薄布を重ね、さらにケープ状に布を重ねている。薄布は、空気がほんの少し動くだけで、はらはらと揺れる。その様子は、まさに天女の羽衣。浮遊する様子はファンタジックでもある。

プラダ

 プラダはフリンジも多用した。フリンジの白襟をつけたフリンジブラウスに、フリンジスカート。ショートパンツには、メタリックなフリンジが垂れ下がるベルトを重ねる。歩を進めるごとに、プリーツスカートのようなシルエットを描く。フリンジの上から花柄を描く手法も新しい。

ドレープ、ツイスト、ノット

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

申し込み当月購読料
無料キャンペーン実施中

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定連載



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事