東レ 中国低調も事業機会を捉える 高付加価値化で収益確保

2023/11/28 06:29 更新有料会員限定


 東レは上期苦戦した中国事業について、「内需や欧州向け輸出の鈍化など当面、厳しさが続く。一方でEV(電気自動車)や半導体で事業機会が増しており、これを捉える」(大矢光雄社長)とし、通期増益を目指す。このほか、ポリエステル短繊維など、てこ入れが必要な7事業を挙げ、上期から対策に着手している。

(中村恵生)

【関連記事】東レのユニフォーム向け素材 回収型ケミカルリサイクルなどを訴求

 大矢社長、三木憲一郎専務執行役員繊維事業本部長ら首脳が11月27日に東京本社で会見した。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

申し込み当月購読料
無料キャンペーン実施中

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事