若手の東京ブランド21~22年秋冬 ボリュームシルエットを緩やかに

2021/06/07 11:00 更新会員限定


Medium 21 22

 若手を中心とした東京ブランドの21~22年秋冬向けは、ボリュームシルエットの緩やかなバランスが目を引いた。身体に寄り添いながら着こなしの変化を楽しめる形や体形を問わないサイズ感に特徴がある。そのパターンや意匠性の高いテキスタイルには、自分らしさがしっかりと貫かれている。

(須田渉美)

【関連記事】東京ブランド21〜22年秋冬 多様性あるコートの着こなし

 「ルルムウ」(東佳苗)は、個性豊かな現代の魔女を、多色のファンシーニットや刺繍をちりばめたアウターのレイヤードで見せた。その魅力は、手のぬくもりを残した製品の豊かな表情だ。ハンドメイドのニットウェアから19年春夏に工場生産で再スタートし、国内の生産者との物作りを積み重ねるなかで、ルルムウらしい多彩な装飾に磨きがかかった。チェック柄のジャカードニットのスカートは裾が破れたようなデザイン。2段のフリルを挟んだ多色のボーダーニットは、ボーダー柄がゆがんで糸がほころんだように飛び出ている。魔女が着るような古びたローブを再現しながら、きちんとした製品の品質も両立し、年齢層を問わずに楽しめるアイテムを揃えている。

ルルムウ

関連キーワード無料会員限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop