来年度、厚生労働省の助成金はどうなる?(助成金なう)

2019/11/02 06:27 更新


Medium shutterstock 1425722531

わたしたち株式会社ナビットは、全国の助成金・補助金情報の検索サイト「助成金なう」を運営しております。

このコラムでは、助成金・補助金の疑問や基礎知識をわかりやすく解説していきます!助成金・補助金に興味がある方は、是非ご参考ください!

*助成金なうの過去ブログはこちら

令和元年度もまだ半分過ぎたばかりですが、既に来年度の厚生労働省の助成金について動きが出ています。

今回は令和2年度の助成金がどうなるのかについて解説します!

1.時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)について

今年度大人気を博した「時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)」についての動きもありました。

8月29日発表の「令和2年度予算概算要求の概要、厚生労働省、令和2年度厚生労働省概算要求における重点要求(ポイント)」によると、長時間労働の是正や安全で健康に働くことができる職場づくりに359億円(前年度が309億円)と16%アップしました。

つまり、「時間外労働削減」「勤務間インターバル導入」「年次有給休暇取得促進」などに取り組む中小企業等及び事業主団体への助成金が拡充されます。

今年度のインターバル助成金の交付申請は11月15日に締切となりますが、令和2年度も引き続き公募されることが見込まれます。

ただし、細かい要件などのマイナーチェンジは十分に考えられます。

2.令和2年度で新設される助成金とは?

これから来年度予算に関する概算要求がなされ、予算が承認(成立)された後、来年度の助成金が正式決定されます。

この正式決定は新年度が始まるギリギリまでかかります。

通常は新年度の4月に入ってから順次新しい助成金が発表され、GW前後に要項が発表される助成金もあります。

今の状況から鑑みると、

  • 雇用を守る(特に非正規や就職困難者)
  • 育児介護関連
  • テレワーク
  • 時間外労働の削減
  • 長時間労働の削減
  • 年次有給休暇の取得促進
  • 多様な働き方

この上記を認める制度にはある程度手厚い助成金が待っていそうなイメージはあります。

これから先新年度の動きに注目しつつ、今年度の助成金も機会があればまだまだ狙ってみると良いと思います。


本日は以上になります。

今後もよくある質問や、わかりにくい助成金・補助金の専門用語について解説していきます。

是非、ご活用下さい!

▽全国の助成金・補助金検索サイト「助成金なう」はこちらから!

▽ご質問・ご相談は「みんなの相談室」まで!


ナビットが運営するサイト「助成金なう」では、官公庁や地方自治体、財団・協会で公示されている全国各地の助成金・補助金を検索できる。また、旬な助成金・補助金のご紹介、助成金・補助金に関する疑問や基礎知識をわかりやすく解説するサービスも行っている。個人事業主や大手企業から、社労士や税理士など、業種・規模を問わず幅広い層が活用している

関連キーワードレポートプラス


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop