スパイバー「ブリュード・プロテイン」のタイ量産工場 年産500トンへ試行錯誤

2023/12/08 06:30 更新有料会員限定


コロナ下で建設を進めて22年夏から量産を開始したタイ工場

 スパイバー(山形県鶴岡市、関山和秀取締役兼代表執行役)は人工たんぱく質素材「ブリュード・プロテイン」(BP)で初の量産工場をタイに設置し、昨年夏から本格稼働した。培養の基本技術は確立していたが、スケールアップの過程は苦労の連続。これまでなかったサステイナブル(持続可能な)素材を世に広めるという未知の挑戦が続く。

(中村恵生)

【関連記事】スパイバーの人工たんぱく質素材「ブリュード・プロテイン」 国内外企業と供給網を構築

 バンコクの南東約130キロに位置するラヨーン県の工業団地にスパイバータイ工場はある。BP量産工場の立ち上げ検討にあたって考慮したのは、原料調達のしやすさ、インフラ、税優遇などの利点、人材。タイはBPの原料となる糖の有数の生産国で、インフラ面は多数の日系企業で試され済み。タイ投資委員会(BOI)から熱烈な誘致も受け、様々な恩典を受けられる「BOIプラス」に認定されたのも大きかった。

 バイオテクノロジーを使ったBPの製造は労働集約型工場とは異なり、初のプラントを共に立ち上げる人材を必要とした。〝タイの東大〟と言われるチュラロンコン大や、同じく名門のカセサート大などでバイオ研究も盛んで、実際にこうした大学でバイオを学んだ人材も入社した。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

申し込み当月購読料
無料キャンペーン実施中

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定ピックアップニュース



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事