【レディス特集vol.13】2020年はどうなる?レディス市場の最前線

2020/01/20 06:00 更新


Medium %e4%bf%ae%e6%ad%a3%e6%b8%88%e3%81%bfp1 page 0001

繊研新聞レディスファッション特集 vol.13

【レディスマーケット2020】いま何が起きている&これからどうなる?

「繊研新聞レディスファッション特集」13号は、レディスアパレルのマーケット変化を追う。

40代をはじめとする上質で洗練された新大人市場、渋谷パルコのオープンも機に見直されているファッションの個性、そしてSNSを活用したブランドコミュニケーション術など、レディス市場の最前線で今何が起きているのか。

(20年1月20日発行「繊研新聞」本紙挟み込みのカラータブロイド特集から抜粋)

今回の紙面イメージ


■あの注目ブランド・企業はどうする?

20年春夏のレディス市場は、一段と新たな変化を迎えそうだ。女性らしいパステルカラーや軽やかなシアー素材のトレンドは、フェミニン系のブランドにとって追い風になるだろう。他社とかぶらないユニークなデザインや、SNSを通じたコミュニケーションでファンを増やしているブランドもある。ブランドそれぞれの個性を生かしている企業の戦略を紹介する。

【ザ・ヴァージニア】

キーワードは「色遊び」「ラグジュアリー」「ビンテージ感」

ヒロタが13年春に立ち上げたレディスブランド「ザ・ヴァージニア」。30代女性をターゲットに大人ラグジュアリーをコンセプトにしてきたが、ブランドの軸がぶれて、不振だった時期があった。そこで、17年春夏商品からブランドの原点を再確認して、リニューアル。18年から売り上げが復調し、19年以降も好調を維持している。

【ランデブー】

ファンに寄り添い、さらなる成長へ

エイナーのEC発レディスブランド「ランデブー」は、20代のディレクター、SEIKAさんが作る等身大の服やスタイルで女性の共感を集めている。16年に始め、19年8月にはルミネ新宿・ルミネ2へ念願の1号店を出店した。20年3月には設立以来初のリブランディングも計画する。

【パメオポーズ】

〝違い〟を価値に 自分らしくありたい女性のための服

タニモト(岡山市)の「パメオポーズ」は、ディレクター兼デザイナーのPELIさんの独創的な世界を表現したレディスブランドだ。毎回がらりとテーマが変わるユニークなコレクションを楽しみにするファンも多い。14年から本格的にコレクションをスタートして以降、「いくつになっても自分が好きなもの、他人とは違うものを着たい」女性のための商品を提案し続けている。

【アリーバイダブルクローゼット】

「ダブルクローゼット」から大人のための新ブランド

ウェアーズのヤングレディスカジュアルブランド「ダブルクローゼット」から19年11月、「アリーバイダブルクローゼット」がデビューした。おしゃれ好きな大人の女性に向け、商品も従来とは別の発想で企画。デビューに合わせて、東京・渋谷区のキャットストリートにあったダブルクローゼットの路面店を、アリーバイダブルクローゼットの1号店としてリニューアルした。今後は商業施設への単独出店も考えている。

【ハニークリーパー】

安心の品質と安定した生産でさらなる信頼築く

レディスアパレルメーカーのハニークリーパーは、企画力と生産体制という、メーカーとしての基本の徹底に取り組んでいる。取引先のニーズに合わせた生産地の活用に加え、安心できる品質と安定した供給を武器に、大手アパレルや高価格帯のブランドとの取引も広がってきた。


■新大人市場 「今の40代がほしい服」とは? 空白市場への期待高まる

40代をはじめとした大人の女性に向けたブランドの動きが活発だ。既存のブランドの延長線上ではない、「今の40代のための服」に市場のニーズを感じているブランドは多い。

ここでは「エブール」「カオス」「カデュネ」「ルフィル」「エンフォルド」「ドゥーズィエムクラス」と、すでに大人層の心をつかんでいるブランドから注目の新ブランドまで紹介する。

【広告特集】

企画製作:繊研新聞業務局

表紙(イラスト):エスエヌ


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop