22年開業予定のSC 開発鈍化も大型・注目施設続々 時間消費など多様化

2022/01/13 06:30 更新有料会員限定


Medium 22sc

 SCの開発ペースが鈍化する中、今年は大手ディベロッパーを中心に、大型SC・複合施設の開業が相次ぐ。昨年は国内での開業がなかった三井不動産が今年は広域型SC(RSC)のららぽーと2施設を含む3施設をオープン、イオンモールは2施設目となるアウトレットモールを開業予定だ。コロナ禍でECがさらに拡大し、消費者がSCに求める役割が多様化する中で、多くの施設が物販での特性を出しながら、買い物以外の「時間消費」機能を充実し、「リアルな場としての価値向上」を目指している。

(有井学)

【関連記事】21年の国内SC数 3年連続で減少 大型施設の開業は続く

 日本ショッピングセンター協会(SC協会)によると、今年は31のSCが開業する見通し。昨年の開業数24施設は上回るものの、20年の40施設、19年の46施設には及ばず、開発ペースは落ちている。

 こうした中でも、今年はコロナ禍前から開発が計画されていた注目のプロジェクトが数多く開業する。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop