後輩に説明したい英略語‐4 O2OにB2B

2017/11/12 04:30 更新


Medium shutterstock 245520262

ファッションビジネス業界の基礎知識解説です。今回は、後輩に尋ねられて、語ることができれば少し尊敬されるような英略語を集めてみました。でも、ある程度のベテランなら常識ですよね。正確にいくつ知っているのか、実力をチェックしてみましょう。

■O2OとB2B、B2C

企業(B)と企業(B)がネットで取引することをBtoB、あるいはB2Bといいます。企業(B)が消費者(C)向けに事業をすることをBtoC、あるいはB2Cといいます。消費者同士ならCtoC(C2C)ですね。


B2Cの代表はネット上のショッピングモールなど、C2Cではオークションサイトなどがあります。これに対してO2Oは「オンライン・ツー・オフライン」のことで、オンライン(ネット)でつかんだ消費者をオフライン(実店舗)に向かわせることなどを指します。


割引クーポンをネットで提供し、実店舗に行ってもらうことはO2Oの分かりやすい例です。

アプリで様々な商品情報を提供すると、ECで買うだけでなく、店を訪れるきっかけにもなる

「繊研新聞」の新メディア、ファッション販売職のための使えるニュースアプリ「サプリ」よりこのコンテンツが載っているアプリのダウンロードはこちら。

アップストアバッヂDownload_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40google-play-badge (ネットデジタル用)mini 

「販売 by SAPLi」とは…
繊研新聞社がファッション販売職向けに提供するスマートフォンアプリ「SAPLi」(サプリ)掲載記事を紹介する専用カテゴリーがオープン。週末を中心に更新していきます。

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop