「プロポーション・アリュール」有楽町マルイに2号店

2017/11/21 04:27 更新


Medium %e3%82%a2%e3%83%aa%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%ab

 サンエー・ビーディーは18日、東京・有楽町マルイに「プロポーション・アリュール」を出店した。「プロポーションボディドレッシング」から派生した新業態で、今春の新宿マルイ本館に続く2店目。売り場面積は約165平方メートル。

【関連記事】サンエー・ビーディー、新宿マルイに新業態1号店

 プロポーション・アリュールは、「ファッションはもはや洋服だけではない。ターゲット年代の女性が楽しめる時間や空間を提供することが必要」(宇尾俊哉執行役員プロポーションボディドレッシング事業部長)と、コト発信を重視して開発した。

 コト発信のゾーンではアロマバーやカフェを設置、新宿店にはないイートインのコーナーも設けた。アロマバーには3種類のアロマを揃え、ボトルやスティックは好みのものから選べる。カフェコーナーではドリンクやジェラート、スイーツなどを提供する。

 アーティストの花モト・トモコさんと協業し、切り絵やペーパーワークのシューズなどのアート作品を展示している。カフェのショッパーも花モトさんがデザインした。店内にはタブレットも置き、毎週のコーディネート提案の画像が見られるほか、ECとも連動する。期間限定のイベントやワークショップなども定期的に開催する予定。

 洋服は20代後半を対象にするプロポーションボディドレッシングと、20代前半からが対象のエレガンスカジュアルライン「エディットコロン」を揃える。新宿店は、初年度売り上げが2億円に達する見込みと順調に推移し、有楽町店は新宿店を上回る売り上げ目標を立てている。今後、全国主要都市中心に、5店ほどの出店を計画している。

滞在する時間を楽しむ空間を提供する

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop