池袋パルコ 「駅の集客に頼らない」施策強化 大型改装、SNS、地域共生が柱

2021/10/21 06:25 更新会員限定


Medium 7904fed8 536a 482a 936b 590303ea7bb2
「館の強みを発揮する」ために本館2階をユニセックスファッション主力フロアに改装し、好発進

 池袋パルコはコロナ禍で東京都心のターミナル駅の利用者が減少していることを踏まえ、「駅のトラフィック(通行量)に頼らない施策」(掛谷亮介店長)を強める。秋から、「館の魅力を高め、自らの力で集客する」ための大型改装を開始し、ユニセックスファッション、生活雑貨、食物販を拡大する。併せて、これまで対応が不十分だったSNSを活用した情報発信や「街の魅力向上と来街者増に貢献する」ための「地域共生策」を本格化する。

(有井学)

 同施設は池袋駅にほぼ直結し、「コロナ禍前までは集客を駅のトラフィックに頼る仕組みで通用した」。しかし、コロナ下でのテレワークの拡大などで駅利用客が大幅に減少し、「従来の仕組みでは通用しなくなった」という。「この傾向はコロナ後も当面続く」とし、「自施設の強みに磨きをかけながら、チャーム(魅力)を高めて来館を促す」大型改装を開始。8月下旬から11月下旬にかけて30区画、店舗面積約3055平方メートルを改装する。

関連キーワード無料会員限定デジタル


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop