オフプライスストアに勢い 春以降、さらに広がる

2021/01/25 06:28 更新有料会員限定


Medium %e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9

 オフプライスストア(OPS)が広がってきた。アメリカ発祥の業態で19年から国内でも目立ち始め、20年秋以降さらに勢いづいた。今春は各社が出店拡大や売り場の改装を予定している。アウトレットストアが自社の在庫を販売するのに対し、他社の在庫仕入れ・販売が基本だが、サステイナビリティー(持続可能性)の観点などから、応用範囲を広げた業態開発なども増えそうだ。

(友森克樹)

【関連記事】ゲオクリア 名鉄百貨店にラック・ラック・クリアランスマーケット

 19年に出店を始めた2社は、立地の軸足を郊外から都市部の駅近へと移し、業態認知度の向上に取り組んでいる。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワードサステイナブル電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop