ハミィ「ネクストエンジン」 5~7月で導入企業210社増 複数ECサイト一元管理

2021/10/04 06:25 更新


 ハミィ(神奈川県小田原市)が提供する、複数ECサイトを一元管理できるSaaS型ECアトラクションズ「ネクストエンジン」で、連携するカート、サイトが広がっている。導入数も5~7月期は210社と大きく伸び、4949社となった。

 自社ECと楽天市場やアマゾン、ヤフーショッピングなど国内有力ECモールと標準連携する。さらに自社EC構築プラットフォームのベイスやショッピファイとアプリで連携でき、中小企業でも複数ECサイトの受注・在庫管理が簡便になった。管理できるECモール、カートは40を超える。

 6割強がファッション、雑貨、インテリア関連。もともとスマートフォン関連雑貨「アイフェイス」のECサイトを自社運営し、「自社内に同システムのハードユーザーがいるのが強み」だ。早くから各ECモールに出店した経験から、自社ECとの受注管理・在庫連携に課題を感じ、ネクストエンジンの開発につながった。現在ではWMS(倉庫管理システム)やPOS(販売時点情報管理)との連動へと機能拡張を続けている。

 7月にはネット広告プラットフォームを提供するクリテオと連携サービスの開発に向けたテストマーケティングを開始した。テストマーケティングで簡単で便利な利用を目指す。

関連キーワードデジタルEC支援


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop