中田工芸 超一流が認める木製ハンガーの匠 連綿と継承される技、これからも

2023/11/29 15:00 更新有料会員限定


 高級紳士服テーラーが軒を連ねる英ロンドンのサビル・ロー。そこでシェア7割をわずか2年で成し遂げた日本製品がある。それは中田工芸(兵庫県豊岡市)の木製ハンガーだ。

【関連記事】「世界一のハンガー屋」に 中田工芸社長の中田修平さん

サビル・ローで評判

 中田工芸は木製ハンガーを主力とするハンガー専門メーカー。26年に創業80年を迎える。主力商品はファッションの店舗ディスプレー用およびホテルの客室用といった業務用ハンガー。ファッション業界で働く者なら誰もが知っている数多くのブランドに木製ハンガーを供給している。一方で、この数年間は取引先企業を通じた消費者向けの高付加価値なハンガー需要の開拓で成果を上げ、収益力を高めている。

 具体的には結婚式の引き出物、卒業記念品といったギフト、大切な服の保管にこだわる人がクローゼットで使うハンガーや、プロスポーツチームのグッズなど幅広い。それらの需要を磨き抜かれた商品力を強みに自力で掘り起こした。英国や香港、シンガポールを中心に仕掛けた海外営業も実りつつある。サビル・ローでの評判もその成果だ。

豊岡で一貫生産

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

申し込み当月購読料
無料キャンペーン実施中

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定ものづくり最前線ピックアップニュース



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事