「ミナ・ペルホネン」田中新代表 100年ブランドに向けた継承の形 社会とのつながりを考え続ける

2021/09/21 06:30 更新有料会員限定


Medium dsc 0176
田中景子代表

 「ミナ・ペルホネン」は、田中景子代表の就任から2カ月が経った。皆川明チーフデザイナーから、代表を受け継ぐまでのバトンゾーンは約10年。「お互いがトップスピードで走りながらバトンを渡す方が会社としてもブランドとしても健全」という皆川氏の考えの元、2人は並走しながら思いを共有してきた。田中代表が描くブランドの行方を聞いた。

(青木規子)

物を作る責任

 皆川は昔からリレーにたとえて社長というバトンを渡す話をよくしていたので、デザイナーとして隣で一緒に仕事をしてきた自分が受け継いだのは、自然の流れだった。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop