《トップインタビュー2024》マルオリグループ社長兼丸井織物社長 宮本好雄氏 高い目標掲げ変化を促す

2024/02/20 12:30 更新有料会員限定


宮本好雄氏

【関連記事】丸井織物 インフルエンサーブランド事業を買収

海外販売を強化

 ――前期(23年12月期)の結果は。

 決算を集計中ですが、売上高はグループで計246億円と6%近い増収の見込みで、利益も伸びそうです。欧米市場の景気低迷などを受けて織物の受注環境は厳しい状況でしたが、横ばいで稼働は維持することができました。

 一方、製造コストは電気代を中心に昨年は大きく値上がりし、全ては価格転嫁しきれていません。

 そのなかでけん引したのは、オリジナルプリントTシャツ「Up-T」(アップティー)を中心にしたオンデマンド事業の成長です。アップティーは米国事業も立ち上げ、これからノウハウを蓄積していきたい。

 テキスタイルブランド「ノトクオリティー」も海外販売に力を入れます。これまで米国の有力客向け一本に頼っていましたが、昨年はこれが停滞しました。1社偏重から客先を広げると同時に、今年はドイツや中国の展示会にも出展して、エリアを拡大していきます。

現場も知的労働者

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ランキング形式のデータブック
プレゼントキャンペーン実施中!

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定トップインタビュー



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事