レディスブランド21年夏 ファッション楽しむ色柄物が好調

2020/11/18 06:27 更新会員限定


Medium %e3%83%ac%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%8921%e5%b9%b4%e5%a4%8f %e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%82%80%e8%89%b2%e6%9f%84%e7%89%a9%e3%81%8c%e5%a5%bd%e8%aa%bf

 専門店、百貨店販路のレディスブランド21年夏物は、ファッションの楽しさを伝える明るい気分の色柄やディテールテクニックの商品が好評だ。9月に行った春向け展示会でそうしたデザインの反応が良く、夏向けでさらに強化するブランドが多い。

 セラビの「クオリー」の夏向け一番人気は、胸にコード刺繍でスクエアの面を描き、重ねてブランド名の刺繍も入れたTシャツだ。手仕事が目を引く。プリントスカートの生地をバイアスにカットしたテープを使ったコード刺繍なので、セットで着るとおしゃれ。合わせて提案し、客単価もアップできそう。単品でもほかとは違うスペシャルな商品を出そうと、チュールプリーツのティアードを身頃に飾ったTシャツも作った。「機能性とあっさりしたデザインが市場に増えているから、デコで差別化したい」とデザイナー。9月展はプリントものの受注が良かったことから自信を得た。盛夏は濃いめのアース系の色も出す。

クオリーのコード刺繍のTシャツ1万5000円、スカート2万円
クオリーのティアード飾りのTシャツ1万3000円

関連キーワード無料会員限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop