コバオリ ICタグ向け箔加工副資材開発

2018/11/27 06:25 更新


Medium %e3%82%b3%e3%83%90%e3%82%aa%e3%83%aa %ef%bc%b2%ef%bc%a6%ef%bc%a9%ef%bc%a4%e5%af%be%e5%bf%9c%e8%92%b8%e7%9d%80%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%83%a0
電波を遮らず情報を読み取れる箔加工用のフィルム

 コバオリはICタグに対応する箔(はく)加工の副資材を開発し、販売を始めた。箔を使ったデザインは下げ札や各種パッケージの一般的な加工手法だが、金属は電波を反射して通信性能を損ねてしまう。

【関連記事】コバオリ ICタグ事業が好調 生産能力を1.5倍に

 同社は「デザイン性を犠牲にして、ICタグによる効率化をすることは本末転倒」と考え、箔を特殊な方法で蒸着し、電波を遮らず情報を読み取ることに成功した。色は金、銀のほか、別注色にも対応する。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop