【記者の目】ファーストリテイリング、売り上げ10兆円企業へ

2023/11/20 15:00 更新有料会員限定


 ファーストリテイリングは今期(24年8月期連結)、売上収益3兆円超えを計画する。さらに「今後、数年程度で5兆円を達成し、さらに10兆円を目指す」(柳井正会長兼社長)考えだ。達成に向け、グローバル出店加速と「持続可能な成長を実現するためのサプライチェーン改革」を急ぐ。

【関連記事】ファストリ、持続可能性と事業成長の両立へ サプライチェーンの上流まで生産を自社管理

海外事業が成長けん引

 23年8月期は売上収益2兆7665億円(前期比20.2%増)、営業利益3810億円(28.2%)。今期は売上収益が10.2%増の3兆500億円、営業利益は18.1%増の4500億円を計画する。4期連続の増収増益を見込む背景にあるのは、主力の「ユニクロ」の海外市場での成長だ。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ランキング形式のデータブック
プレゼントキャンペーン実施中!

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定記者の目ピックアップニュース



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事