伊藤忠とフィットネス企業 資本業務提携結ぶ

2021/07/27 06:30 更新


 フィジカルフィットネス事業などを手掛けるフュービック(東京、黒川将大社長)と伊藤忠商事はこのほど、資本業務提携契約を締結した。今後、伊藤忠の幅広い知見やネットワークと、フュービックが持つ技術力や店舗を起点に、新たなシナジーを生む。

【関連記事】伊藤忠商事 米「スタンレー」独占輸入販売権を取得

 フュービックは、世界150店舗以上を展開するストレッチ専門店の「ドクターストレッチ」や、ストレッチピラティス専門店の「ウィークル」、奄美大島のリゾートホテル「ザ・シーン」などを運営している企業。新型コロナウイルスの感染拡大によって健康志向が強まったことやテレワークが広がったことで、主力のドクターストレッチでは21年1~6月の集客が56%増えるなど、好調を続けている。

 ブランド力を急速に高めていることを受け、フュービックでは伊藤忠との提携を機に、「健康」をキーワードにしたインナーウェアやソックスなどのPB開発を始めることにした。今後、PBによって来店客だけでなく非来店客に対してもアプローチできるようにする。ドクターストレッチでは、約1000人のトレーナーを抱えており、それぞれが持つ顧客に対して商品を薦められる利点もある。物販は年内をめどにスタートする予定だ。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop