伊藤忠商事 米「スタンレー」独占輸入販売権を取得

2021/07/21 06:30 更新


Medium  %e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%ac%e3%83%bc
ファッション感度の高いアウトドア愛好家がターゲット

 伊藤忠商事は、保温保冷ボトルを主力とする米国サーマルウェアブランド「スタンレー」の独占輸入販売権を取得した。22年春夏シーズンから日本市場における販売を開始する。

【関連記事】伊藤忠商事繊維カンパニー マーケットインで変革 サステイナブルなどを重視

 同ブランドは、13年米国の発明家ウィリアム・スタンレー・ジュニアが現在の真空スチールボトルの原型を発明したことに端を発する。伊藤忠商事は同ブランド展開で、20~50代のファッション感度の高いアウトドア愛好家をメインターゲットに設定。ビッグウイングにおける既存のアウトドア専門店を中心とした販路に加え、新たにドウシシャを通じた百貨店、セレクトショップ、スポーツショップ、ECなど多様な販路展開に乗り出す。SNSを含むデジタルマーケティングの強化、高感度のブランドやショップなどとの協業により、ブランドの認知度拡大を図る。商品価格はマグカップ3000~6000円、ボトル6000~1万3000円、クーラーボックス9000~2万8000円など。3年後には小売価格ベース40億円の売上高を目指す。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop