阪急うめだ本店 スニーカー需要拡大で集積売り場新設

2019/02/28 06:27 更新


Medium 1902 %e9%98%aa%e6%80%a5 %e3%82%b9%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%82%a8%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%88

 阪急うめだ本店は、婦人靴売上高の2割弱まで拡大しているスニーカー需要に対応するため、デザイナーやクリエイターのスニーカーを集積した編集売り場「スニーカー・エディット」を4階のシューズギャラリー(婦人靴売り場)に27日、新設した。

 スポーツブランドなどのコンテンポラリーラインの品揃えの既存売り場に加えて、モードやストリートテイストのスニーカーを編集、提案することでブランド数やグレードの幅を広げた。カスタマイズにも対応する。

(吉田勧)

【関連記事】阪急うめだ本店 21年度には売上高2700億円へ

 スニーカー・エディットは、既存の「スニーカーズ・バイ・エミ」に隣接して新設した。売り場面積は約50平方メートルで、エミ(約50平方メートル)を含め、スニーカー編集売り場は倍増した。スニーカー売り場の拡大は、女性の通勤スタイルの変化などスニーカースタイルの幅の広がっていることや、ラグジュアリーブランドもミレニアル世代獲得を狙いにスニーカー提案を強化していることなど、需要が拡大しているとみているため。

 婦人靴全体に占めるスニーカーの売上高構成比は「3~4年前は10%以下だったが、今は18%まで拡大している」(星加精二郎ハンドバッグ・婦人靴商品部MD)という。

 エディットは、「カルバン・クライン」「ヌメロ・ヴェントゥーノ」「ケンゾー」「エミリオ・プッチ」「MSGM」「ピエール・アルディ」「アトランティックスターズ」「ヴェジャ」「カルフ」「ミハラヤスヒロ」「メゾンエウレカ」などモードやストリートブランドを集積した。価格は3万円台や5万~10万円が中心。

スニーカー・エディット

 エディットは、3階モードにあるカスタマイズ工房の「アトリエ・ノティファイ」と連携し、刺繍やペインティングなどのカスタマイズにも対応する。また、3月からインスタグラムでの情報発信やECも開始する。ウエストポーチやストリートテイストのソックスなども順次導入していく予定。新設したエディットの売上高目標は約2億円。

 なお、婦人靴全体の売り上げはラグジュアリーブランドを含めたスニーカーが2ケタ増と好調で、18年度は約60億円を見込んでいる。

モード、ストリートブランドを集積した「スニーカー・エディット」

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop