盛り上がる生成AIの現在地㊦ プロが介在してこその技術

2023/09/29 07:58 更新有料会員限定


AIは万能ではなく、人間の方向づけが必要

【関連記事】盛り上がる生成AIの現在地㊥ 今は欠かせない人間の手 元データの質が重要

日本のデータ欠落

 ――現状はサービスとして実装するには時間がかかる。

 山敷(ドローブCEO=最高経営責任者) フロントではまだ使えない。物作りも一部やっているので、試しで「通勤」「7部丈」「カジュアル」「ブラウス」などと入力してみたが、悪魔が着るような服が出来上がった(笑)。まだまだ手がかかりそうだ。

 上田(オープンファッション社長) その大きな理由は、学習データが英語圏中心で、例えば、ゾゾや楽天など日本市場のデータが入っていないからだ。

 酒井(ニューロープCEO) 「ジャパニーズ」と入れると江戸の人が出てきたりする。映画などからデータを引っ張ってきているのだろう。

 上田 ローカライゼーション出来る日本人プレーヤーの成長機会を与えられるとも言える。外資がやろうとしても出来ない、参入障壁になり得る。良しあしはある。

 ――そうなると市場は国内に限られるのか。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ランキング形式のデータブック
プレゼントキャンペーン実施中!

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定デジタルニュース連載



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事