フランス 規制緩和第2フェーズ レストランなど再開

2020/06/02 06:30 更新


 【パリ=松井孝予通信員】仏政府は都市封鎖規制第2フェーズとして6月2日から、カフェ、レストランなどの営業再開を許可する。まだ危険ゾーンに指定されているパリとその近郊はテラスのみの営業となる。

【関連記事】フランスで春夏物の販売開始 規制緩和後も衣料品振るわず

 ベルサイユ宮殿や歴史的建造物、美術館などの文化施設は今月初旬から段階的に再開。ルーブル美術館やポンピドゥーセンターなど利用者が多い大型施設は7月初旬に持ち越された。100キロまでの移動制限も廃止し、コロナ前とほぼ同じ生活に戻る。

 第2フェーズに合わせ、3月15日から休業令下にあったプランタンとギャラリー・ラファイエット、それぞれのパリ本店が営業を再開。パリとその近郊の大型商業施設の再開は7月初旬に予定されていたが、小売店の団体が政府に対し両店の営業許可を要請していた。パリ中心地のショッピングセンター、レ・アールは休業を続けている。

関連キーワード新型コロナウイルス情報


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop