《FB用語解説》防護服 危険有害因子から身を守る衣服

2020/07/08 06:22 更新


Medium %e9%98%b2%e8%ad%b7%e6%9c%8d%e3%81%ae%e7%94%9f%e7%94%a3%e7%8f%be%e5%a0%b4
防護服の生産現場

 作業現場において、作業者を危険有害因子から守るための衣服。有毒気体やウイルス、熱、火災、放射性物質、突き刺し、電気、寒冷など有害因子の種類によって様々なタイプの防護服がある。新型コロナウイルスの医療現場で使われるのは化学防護服。衣料用ガウンとも呼ばれる。スパンボンド不織布やポリプロピレン不織布などを素材に使う。フィルムやコーティングで性能を高めるなど、防護レベルによって素材や仕様が変わる。コロナ禍で化学防護服の需要が増え、品薄になる事態に陥っている。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop