【ファッションとサステイナビリティー】東レ 「&+」で高付加価値リサイクル糸

2019/12/08 00:00 更新


Medium %e7%b4%b3%e5%a3%ab %e5%a9%a6%e4%ba%ba

 東レは回収ペットボトルの高度な利用を狙ったリサイクルポリエステルの事業ブランド「&+」(アンドプラス)を立ち上げた。リサイクルメーカーと協業して純度の高い原料を調達し、高付加価値の糸を使った商品を来年1月からスタートする。

 同社は以前から、ペットボトルリサイクルなど再生型の「エコユース」、回収衣料を繊維やボタンなどにする回収循環型の「サイクリード」といったリサイクルブランドを展開している。従来のペットボトルリサイクルは、異物の混入によって特殊断面や細い繊維が作れないために定番品に限られ、ポリエステルの劣化によって白度も低下する課題があった。

 アンドプラスは、リサイクル原料の製造で高い技術を持つ協栄産業と組み、同社のフィルタリング技術で異物や黄ばみを除去したリサイクル原料を調達。石油由来のバージンポリエステルと同様に白度が高く、異型断面や細繊度、ハイマルチといった高付加価値な糸を製造し、幅広い用途に展開していく。

 従来は困難だったリサイクル糸のトレーサビリティー(履歴管理)も確保、特殊な添加剤を加えて同社のリサイクル糸を識別できるシステムも構築した。

ファッション用途でも「&+」を広げていく

(繊研新聞本紙19年12月4日付)

ファッションとサステイナビリティー トップへ戻る

関連キーワードサステイナブル


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop