【ファッションとサステイナビリティー】サイボー 再生ポリ原着糸を在庫

2019/12/08 00:00 更新


Medium %e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%9c%e3%83%bc %e3%82%a8%e3%82%b3%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%ab

 サイボーは環境配慮型素材を「エコリアル」として訴求する。主力商材はリサイクルポリエステル原着糸。欧州のグローバルブランドからの要望を受けて販売を始めた。150デニールのみだが、40色をストックして1チーズから対応する。GRS(グローバル・リサイクル・スタンダード)認証も取得済み。今後、75デニールを加える予定で、10~12色程度を揃える考え。原着糸は原料段階で着色しているため、糸、生地、製品段階での染め工程を省略でき、水やエネルギーの消費を抑えられるとして注目されている。また、廃棄ペットボトルを利用したリサイクルポリエステル糸は世界的に浸透して始めていることから、リサイクルポリエステルをベースにした原着糸を扱うことで独自性を出す。

 バイオ原料を部分的に使ったポリエステル糸も扱っている。ポリエステル原料のうちのエチレングリコールをサトウキビ由来の廃糖蜜による原料に置き換えた。バイオ由来比率は35%で、バージンのレギュラーポリエステル糸と同等の物性を備えるという。リサイクル系素材が広がる中、「バイオ系素材は次の選択肢として関心が高まっている」という。

リサイクルポリエステル原着糸を40色ストック販売する

(繊研新聞本紙19年12月4日付)

ファッションとサステイナビリティー トップへ戻る

関連キーワードサステイナブル


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop