【ファッションとサステイナビリティー】ナクシス 〝脱プラ、再生、天然素材〟

2019/12/08 00:00 更新


Medium  %e3%82%a8%e3%82%b3%e3%83%8a%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9 %e3%82%bb%e3%83%ad

 ネーム、下げ札が主力のナクシスは、脱プラ、リサイクル、天然素材の切り口で環境保全に貢献する。海外の生産拠点で調達できるアイテムを増やしており、アパレルのニーズにも迅速に対応できる。5日まで東京オフィスで展示会を開いている。

 脱プラではバイオマスパッケージを提案。フィルム、印刷インキ、プラフックのそれぞれでバイオマスの原材料を揃え、製品企画やコストに応じて最適な組み合わせができる。また木材パルプ由来でありながらプラスチックのような透明性を持つフィルム「エコナックス・セロ」も打ち出す。「ショッパーを紙製に変えたいが、紙だと中身が見えず、コスト負担が大きい」といった悩みに応える。

 リサイクルでは、生地の裁断くずや不要になった衣類など複数の原材料を粉砕して紙に混ぜたオリジナルの再生紙「R-Mix・ペーパー」がイチ押しだ。ショッパーや什器、下げ札、ハンガーなどに再生できる。原材料の引き受けから原紙製造まで一貫して同社が行い、アパレルメーカーは自社製品を再利用した新たなアイテムを生み出せるため、「プロモーションにもなる」。

 オーガニックは天然素材の織ネームを海外で調達できる体制を敷いている。

海外調達できるアイテムも増やしている

(繊研新聞本紙19年12月4日付)

ファッションとサステイナビリティー トップへ戻る

関連キーワードサステイナブル


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop