【ファッションとサステイナビリティー】三菱ケミカル 環境認証の取得を加速

2019/12/08 00:00 更新


Medium %e4%b8%89%e8%8f%b1%e3%82%b1%e3%83%9f%e3%82%ab%e3%83%ab %e3%82%bd%e3%82%a2%e3%83%ad%e3%83%b3 %e3%82%b5%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%93%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e7%89%b9%e9%9b%86

 三菱ケミカルは、第三者機関の評価を得て、トリアセテート「ソアロン」のサステイナビリティーを追求するとともに、発信を強める。FSC(森林管理協議会)認証に続き、10月にブルーサインを運営するブルーサイン・テクノロジーズとシステムパートナー契約を締結した。

 世界的なサステイナブル素材の広がりから、製造工程など詳細な情報を求める顧客が増えており、統一的な基準を設ける第三者評価が重要と見る。

 ソアロンは、木材パルプを主原料にした半合成繊維で、同社が世界で唯一生産している。パルプは、再生を保証するプログラムにより、持続可能な形で管理された森林から調達しており、17年に原糸を製造する富山事業所フィラメント工場がFSC認証を取得した。

 ブルーサインは、繊維業界の環境保護と労働者、消費者の安全に関する基準。三菱ケミカルは、一定の基準を順守するシステム・パートナー契約に続き、20年に「世界初」となる原糸でのブルーサイン取得を目指す。

 複合素材でも持続可能性を高める。ポリエステル混「ミッション」は、リサイクルポリエステルに切り替え始めた。GRS(グローバル・リサイクル・スタンダード)も申請している。

展示会では「ソアロン」のサステイナブルな製造工程を前面に訴求

(繊研新聞本紙19年12月4日付)

ファッションとサステイナビリティー トップへ戻る

関連キーワードサステイナブル


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop