【ファッションとサステイナビリティー】レンチンググループ SNSなど活用し認知拡大へ

2020/08/05 05:00 更新


Medium %e3%83%86%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%82%b3%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%b0  2

 レンチンググループのリヨセル繊維「テンセル」は、環境負荷の少ないサステイナブルな素材として消費者へのアピールを強めており、ブランドでの採用も広がりつつある。

 テンセルは生分解性を持ち、他の再生セルロース繊維に比べ化学薬品の使用が少ない。製造工程で出る余剰物を熱エネルギーに再利用するなど、木材を100%有効活用している素材だ。今春には「ザ・ノース・フェイス」でも採用、フルーツ染めをしたTシャツやワンピースが販売され、エシカル素材としての認知が広がってきた。

 テンセルは幅広いファッションブランドで採用されており「気軽にエシカルファッションを楽しめる素材」として消費者へのアピールも強めている。7月からはインスタグラムを使い、エコバッグのプレゼントキャンペーンを実施。「テンセル・モダール」の原着わたを使った染色負荷も少ないバッグで、ブランドとのコラボ企画も検討中だ。

 最近ではサーキュラーエコノミーへの関心も高まってきた。使用済み綿布などから再生したパルプ30%とバージンパルプを混ぜ合わせ、再びリヨセルを生産するテンセル「リフィブラ」は、綿100%の使用済み古着を一部原料とすることも可能になるなど、進化を続けている。

エコバッグのプレゼントキャンペーンを実施するなど、消費者へのアプローチを強めている

(繊研新聞本紙20年7月28日付)

ファッションとサステイナビリティー トップへ戻る

関連キーワードサステイナブル


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop