【ファッションとサステイナビリティー】コバオリ 環境配慮商品の採用急増

2019/12/08 00:00 更新


Medium  %ef%bc%a6%ef%bc%a2%e3%81%a8%e3%82%b5%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%93%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc %e3%82%b3%e3%83%90%e3%82%aa%e3%83%aa %e7%92%b0%e5%a2%83%e9%85%8d%e6%85%ae%e5%95%86%e5%93%81%e3%81%ae%e6%8e%a1%e7%94%a8%e3%81%8c%e6%80%a5%e5%a2%97

 ブランド表示品メーカーのコバオリは、国連のSDGs(持続可能な開発目標)を重視し、環境に配慮した商品の採用事例が急激に増えている。

 脱プラスチック傾向が強まるなか、特にパッケージが需要の中心で、FSC(森林管理協議会)森林認証の紙使いの商品は、業種を越えて問い合わせも採用も増えている。植物由来の原料を混入したバイオマスフィルムは、石油由来原料の比率を下げ、環境負荷を低減する。パッケージではグリーンプラマークやバイオマスマークなども取得しており、相手先のニーズに応じて供給する。

 8年前から上海で始めた水系インク使用の転写マーク事業の「KSラスター」も国内外に広がってきた。肌当たりが良く、グリッターや蛍光、再帰反射、蓄光など意匠が可能で、工場の環境にも優しい。リピート需要が多く、採用したブランドが扱い量を増やしている。上海で生産し、国内外の拠点ネットワークの連動で供給を強める。

 また、リサイクルのベンチャー企業とのパートナー関係を強化し、リサイクル系原料を使ったネームやラベル、テープも揃えた。「市場はまだこれから」とし、環境配慮のムーブメント作りへの貢献を目指す。

工場の環境にも優しい水系インク使用の転写マーク「KSラスター」

(繊研新聞本紙19年12月4日付)

ファッションとサステイナビリティー トップへ戻る

関連キーワードサステイナブル


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

Btn gotop