【ファッションとサステイナビリティー】菱友商事 有機綿のテキスタイル

2019/12/08 00:00 更新


Medium %e8%8f%b1%e5%8f%8b%e5%80%89%e6%95%b7%e6%9f%93%e3%82%ab%e3%83%84%e3%83%a9%e3%82%ae

 三備地区の産元商社の菱友商事は、安心安全を保証する産地ブランド「倉敷染」を活用したテキスタイルを打ち出している。原料にオーガニックコットンを使うことでプラスアルファの価値を提案。「産地の物作りを盛り上げていくことで、サプライチェーン維持にも貢献していければ」と広がりに期待を込める。

 倉敷染は、岡山県織物染色工業協同組合が運営する安心安全を保証する産地ブランド。グローバルSPA(製造小売業)などが加盟している国際団体「ZDHC」の安全性基準を採用し、ニッセンケン品質管理センターが検査。安全認定をした商品に倉敷染のロゴマークが付けられる。

 菱友商事は、堀江染工との協業によるテキスタイルを開発した。倉敷染カツラギは、10番の太番手オーガニックコットンを使用したもので、糸から別注したもの。高密度キャンバスなども揃え、カラーストックで対応。すでに海外顧客からの反応が良いという。

 そのほか、不要になった生機(きばた)を反毛、紡績したリサイクルコットン糸使いのデニムやカラーデニムも提案している。ネップ調の素材に仕上がるため、ビンテージ感も出る。

倉敷染シリーズは今後もバリエーションを増やしていく

(繊研新聞本紙19年12月4日付)

ファッションとサステイナビリティー トップへ戻る

関連キーワードサステイナブル


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

Btn gotop