【ファッションとサステイナビリティー】旭化成アドバンス グローバルに発信

2019/12/08 00:00 更新


Medium %e3%82%a8%e3%82%b3%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc

 旭化成アドバンスはこのほど、環境配慮型のテキスタイルブランド「エコセンサー」を立ち上げた。グループの独自素材を活用してサステイナビリティーと機能性を両立し、スポーツ・アウトドア、ファッションアウター、アスレジャーなど幅広い用途でグローバルに打ち出す。

 エコセンサーはリサイクル繊維や再生セルロース、オーガニックコットンなど環境に配慮した素材を100%使用し、テキスタイル製造プロセスでもエコテックス、ブルーサイン、GRS(グローバル・リサイクル・スタンダード)認証取得の染色加工場を使うなど、環境負荷低減に努め、トレーサビリティー(履歴管理)も確保する。このほど開かれたスポーツ素材展の独パフォーマンスデイズで初披露したところ、非フッ素撥水(はっすい)を施したリサイクルナイロンのダウンプルーフ織物でアワードを受賞するなど、手応えをつかんだ。リサイクルナイロンのほか、旭化成のキュプラ「ベンベルグ」、スパンデックス「ロイカ」のリサイクルタイプ「ロイカEF」などグループ素材を活用。また、FSC(森林管理協議会)認証取得のレーヨン、米イーストマンのジアセテート「ナイア」、オーガニックコットンなど幅広い素材を組み合わせ、快適性や軽量性などに優れた機能素材を出していく。

スポーツ・アウトドアで先行

(繊研新聞本紙19年12月4日付)

ファッションとサステイナビリティー トップへ戻る

関連キーワードサステイナブル


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

Btn gotop