ファストリ 売上収益10兆円目指す 海外ユニクロ軸に事業拡大

2023/10/16 06:29 更新有料会員限定


 ファーストリテイリングは、「今後数年で売上収益5兆円を達成し、さらに10兆円を目指す」(柳井正会長兼社長)。海外ユニクロを軸に事業拡大する考えで、ユニクロ社長兼COO(最高執行責任者)に就任した塚越大介グループ上席執行役員を中心にチーム経営のグローバル化を加速する。

【関連記事】ファストリ柳井会長、ユニクロ塚越社長に期待 「売り場に立つ人が主役になる経営を」

 ユニクロの海外売り上げ比率は23年8月期で61.7%と10年で6倍に、営業利益も2269億円と12倍に成長、営業利益率も7.3%から15.8%に上昇した。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事