《24年春夏ブランド別注目雑貨㊦》日常で使いやすいシューズが充実 素材やディテールで差別化

2023/12/06 15:00 更新有料会員限定


 24年春夏デザイナーコレクションは、日常的に使いやすいデザインの雑貨が充実した。中でも目立ったのは、カジュアルシューズだ。特に増えているのは、スポーツサンダルやコンフォートサンダル。フラットシューズやメリージェーンなども出ている。ひと手間加えた加工素材や手の込んだディテールをポイントにして、他と差別化している。

(青木規子)

【関連記事】《24年春夏ブランド別注目雑貨㊥》二面性のデザインが新鮮

ロエベ

 日常で履きやすいシューズが、ショーでも多く使われた。毛羽立ったブラッシュドスエードのコンフォートサンダルや丸みのトウが特徴の「カンポシューズ」のメリージェーンなど。トングタイプの「イーズサンダル」はキトゥンヒールが出ている。バッグは丸みを帯びた「スクイーズバッグ」が充実した。カジュアルなバッグとシューズに対して、ジュエリーはプレシャスなものが増えている。アーティストのリンダ・ベングリスと協業した有機的なフォルムのジュエリーがアクセントになった。

ロエベ
ロエベ
ロエベ

ヴァレンティノ

 ショーに多く出てきたのは、ゴールドのVロゴをポイントにしたバッグ。特にムーンバッグが目立った。ミニマルなスタイルになじむ白やグレー、アクセントになるダスティーピンクなどが揃う。大小はさまざま。小さいタイプはアクセサリー感覚で使える。カジュアルなシューズも充実する。スニーカーやコンフォートサンダル、リネンのエスパドリーユのスリッポンには、輝くフィッシュネットを重ねている。白いシャツドレスやTシャツドレスに合わせて、洗練されたデイリースタイルを提案する。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

申し込み当月購読料
無料キャンペーン実施中

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定連載



この記事に関連する記事