【PR】コロナ禍のファッション市場で急拡大する素材「Naia™」 サステイナブルと高品位な素材感で注目

2021/12/20 00:00 更新


Medium %e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81760
上品な艶と豊かなドレープで高級感がありながらイージーケア

 米化学メーカーのイーストマンケミカルが製造・販売するジアセテート繊維「Naia™」が、サステイナブル(持続可能)ファッションを目指すブランドから支持を集めている。レディス市場に乗り出して間もないが、グローバルSPA(製造小売業)からラグジュアリーブランドまで浸透し、日本でも急速に販売を伸ばしている。昨秋には新たに、廃棄プラスチックをNaia™の原料に再生する製造プロセスを確立し、「Naia™ Renew」として投入した。Naia™ Renewを通じて循環型のファッションを後押しし、「持続可能なファッションを全ての人に届ける」ビジョンを描く。

◇廃棄物も価値ある商品に

 Naia™は、木材パルプが主原料のセルロースアセテートファイバー。使用する木材パルプは全て、FSC(森林管理協議会)、もしくはPEFC(森林認証)を取得済みの適切に管理された森林と植林地から調達している。3社あるパルプサプライヤーは、工場の場所とともにウェブサイトで公開している。

 Naia™ Renewは、Naia™の原料にプラスチックリサイクルを取り入れ、資源の循環性を向上させた。原料の60%が木材パルプ、40%がリサイクルプラスチックだ。セルロースアセテートファイバーは木材パルプに酢酸を化学的に結合させて作るが、その酢酸の原料となる分子ブロックを、独自のカーボン再生技術で廃棄プラスチックから生成した。この技術により、通常は埋め立て地に運ばれるようなリサイクル難易度の高いプラスチックも廃棄せず、価値ある商品に生まれ変わらせることに成功した。

60%は環境に配慮して調達した木材パルプ、40%はリサイクルプラスチックから

 Naia™と同様、製造プロセスには安全で環境に配慮した化学物質を使用している。繊維のライフサイクル全体における二酸化炭素の排出量も大幅に削減する。環境に悪影響を与えることなく、生分解性することが出来る「OK biodegradable」と「OK compost」の適合マークを取得しており、生分解性と堆肥化可能性を備えている。それぞれ、「OEKO-TEX®スタンダード100」、環境・社会的負荷を測定するツール「Higg Index」や、「TUV AUSTRIA」など、第三者機関による認証を受けている。トレーサビリティー(履歴管理)も確立している。

原料調達や製造工程のサステイナビリティーはそれぞれ第三者機関による検証を受けている

 品質も従来品と変わらない。長繊維はシルクのように柔らかく滑らかで、優美な光沢やドレープを備えながら、イージーケア性も持ち合わせる。短繊維は柔らかく、濡れても早く乾く。毛玉ができにくいのも特徴だ。

◇持続可能なファッションを全ての人に

 イーストマンケミカルは「持続可能なファッションを全ての人に届ける」ビジョンを掲げている。Naia™として、持続可能な開発目標を持ち、地球に優しく、業界で働く人々や消費者にとってメリットのある健全なファッション産業を作る役割を積極的に担っていく考えだ。SDGs(持続可能な開発目標)の達成には、気候変動の緩和、循環のメインストリーミング、社会への配慮を軸に貢献する。

 具体的には、2030年までに地球温暖化ガスのフットプリントを現在のNaia™ポートフォリオから40%削減、2025年までにリサイクル品の25%以上を廃棄繊維製品由来にする、2025年までに循環ソリューションにおいて自社の繊維製品研究開発リソースに75%を投資することなどを掲げる。Naia™ Renewも目標達成に大きく関わっている。2025年までにNaia™全体の50%、2030年までに90%をNaia™ Renewに置き換えるとしている。日本では素材メーカーや産地企業、ブランドと取り組み、採用につなげるだけでなく、日本をリーディングマーケットとして世界に発信する考えだ。

 SDGs(持続可能な開発目標)では、「5.ジェンダー平等を実現しよう」「6.6.安全な水とトイレを世界中に」「9.産業と技術革新の基盤を作ろう」「12.つくる責任、つかう責任」「13.気候変動に具体的な対策を」「15.陸の豊かさも守ろう」「17.パートナーシップで目標を達成しよう」に重点を置く。

◇世界で販売が急拡大

 今年のNaia™の販売量は全世界で昨年比30~50%伸びており、特に日本、中国、韓国、トルコで好調という。差別化素材の開発が好評であるうえ、技術サポートやマーケティング、ブランディングへの投資も奏功した。現在は世界で30以上のレディスブランドがコレクションにNaia™を採用しており、消費者へのマーケティングやプロモーション活動にNaia™のブランドロゴを使用しているという。

日本でも技術やマーケティングのサポートを強化し、認知度向上にも力を入れる。現在は旭化成アドバンス、北陸産地の明林繊維、広撚と組み、生地の開発、販促を進めている。日本で本格販売して半年だが、Naia™の売れ行きは想定以上という。コロナ禍でも堅調に推移し、2021年はレディスアパレルを中心に、前年を50%上回る勢いで伸びている。現在の販売量は年1000トン以上で、中長期に年数千トンに押し上げる。


お問い合わせ先

https://naia.eastman.com/
LinkedIn: https://www.linkedin.com/showcase/eastman-naia/
Instagram:https://www.instagram.com/eastman_naia/
WeChat:https://naia.eastman.com/wechat

03-3475-9510
info@naiafromeastman.com

企画・制作=繊研新聞社業務局

ファッションとサステイナビリティー トップへ戻る

関連キーワードサステイナブル


Bnr counter agreement cp
Bnr denshiban cp

この記事に関連する記事

Btn gotop