コックス ダイヤモンド、パール使った100万円マスク

2020/12/01 06:30 更新


Medium %e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%af
高級感のあるダイヤモンドマスク。裏地にはシルクを使用している

 カジュアル専門店のコックスのファッションマスク専門店「マスクドットコム」は、小売価格100万円のダイヤモンドマスクとパールマスクの販売を始めた。

【関連記事】コックス マスク専門店「マスクドットコム」を初出店

 東京駅の八重洲地下街店は両方を、有楽町マルイ店と名古屋・栄のラシック店はダイヤモンドマスクのみ扱っている。「日本を元気にしようプロジェクト」の一環だ。コロナ禍で需要が減少している真珠・宝石業界を盛り上げるため、両マスクの販売に至った。

 ダイヤモンドの方は、取り外し可能な0.7カラットのダイヤモンドのチャーム付きで、300個以上の「スワロフスキー」のクリスタル、50粒以上のパールもあしらった。パールの方は、国産のアコヤ真珠を約290粒使い、通常のマスクとの重ね付けを想定した。

 11月下旬時点ではまだ購入者がいないが、同業態ではこれまでに10万円超のマスクが10点以上売れているため、今後に期待する。オンラインストアでも受注生産形式で販売中。納期は、ダイヤモンドが約1カ月、パールが約2~3週間。

 同社は5月に同プロジェクトを始動した。コロナ禍で困っている人や事業者と協業し、新しい生活様式に対応した商品を販売するなどしている。

アコヤ真珠をふんだんに使用しているパールマスク

関連キーワード新型コロナウイルス情報


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop