どうなる綿花相場 急落も糸値高く

2022/08/05 06:29 更新会員限定


Medium %e7%b1%b3%e7%b6%bf %e7%b6%bf%e8%8a%b1%e7%95%91
米国のテキサス州など主要産地は干ばつが続き、収穫量はかなり落ちると見られている(米国、綿花畑イメージ)

 綿花相場が大きく下落している。綿花商関係者によると「ウクライナ情勢や米国金利の上昇などを背景にした世界経済に対する不安感から、投機マネーが市場から引き上げられた」と指摘する。その半面、綿花の供給はタイトで、「足元で流通している綿花の価格はそれほど下がっていない」とも強調する。国内の綿糸価格を見ても、春ごろからさらに上昇している。この影響が、どう出るかを追った。

(小堀真嗣)

【関連記事】綿花相場が20年比で3倍近い上昇 先行き読めず

 米ニューヨーク綿花市場の期近物相場は5月ごろに一時、1ポンド(約453グラム)当たり150セント台になっていた。これが6月下旬に急落した。直近は90セント台で推移している。中国やインドの綿花相場も揃って下落した。

関連キーワード会員限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

Btn gotop