綿花相場は高値で推移 米綿中心に需給タイト感

2021/04/22 06:28 更新有料会員限定


 コロナ禍で大幅に下落した綿花相場がこの1年で一転上昇し、高値圏で推移している。昨秋以降、各国で感染対策および経済対策が打ち出され、経済回復への期待感から需要が回復してきた。ニューヨーク(NY)綿花市場の期近物相場価格(当限)は一時、1ポンド当たり50セントを割ったが、足元ではやや下がっているものの、80セント台で推移している。今後は、綿花相場を左右する米国の綿作環境が台風や干ばつの影響で生産減が予想されるほか、中国による米綿の需要の増加などで「タイト感が強まる」(綿花商関係者)と見られる。

(小堀真嗣)

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop