伊アルカンターラのアンドレ・ボラーニョ会長兼CEO 重要性高まるCSR

2020/10/21 06:28 更新有料会員限定


Medium 36cc7626 f9d2 4d2a 9e22 b8e8a9db4978
アンドレ・ボラーニョ会長兼CEO

 人工皮革「アルカンターラ」を製造販売する伊アルカンターラのアンドレ・ボラーニョ会長兼CEO(最高経営責任者)は、コロナ禍を契機にCSR(企業の社会的責任)の重要性がさらに高まると話す。新しい様式に合わせ、デジタルでの発信もグローバルに強化していく。オンラインで話を聞いた。

(中村恵生)

対策徹底し事業継続

 感染初期の3、4月にイタリアでは多くの感染者が出て、ロックダウン(都市封鎖)も行われました。ウンブリア州ネラモントロの工場は、当初は法令に従って事業を継続していましたが、自主的な判断でいったん休止し、4月14日から生産を再開しました。

 事業活動を継続することが大事だと考え、従業員の雇用や経済を守るための挑戦でした。工場の外には従業員のためのドライブスルー式の抗体検査場を設置し、感染防護のためのマスク、手袋、ゴーグルを門前で毎日配るなど徹底した対策を行いました。多くの生産工程があり、従業員が密になる場所もありますから、これを避けて再配置するのも大変なことでした。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定サステイナブル


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop