ジョンブル、メンズはスポーティーに レディスは刷新

2017/11/02 04:29 更新


Medium %e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%ab

 ジョンブルは「ジョンブル」18年春夏物で、メンズはジーンズの定番を見直すとともに、スポーティーな味付けや機能素材を使った商品を打ち出す。レディスはリブランディングを本格化し、従来より女性らしさをプラスした提案にする。

【関連記事】代官山に新業態「モノトヒト・バイ・ジョンブル」

 メンズは定番ジーンズの動きを活性化を狙い、今をとらえた新定番を加える。ストレッチデニムを使い、テーパードとスリム、ジャストレングスのシルエットを作った。インディゴとブラックのワンウォッシュなどの色があるが、縮率などが異なるため、それぞれでパターンを作成し、全体で同じシルエットを実現する。フラッシャーも新しいものに変更する。ワンウォッシュ1万4800円、ユーズド加工1万8800円。

 スポーティーな味付けをしたものは、両サイドに白いラインを入れたワイドジーンズ(2万円)やデニムのコーチジャケット(同)がある。デニム部分にも当たり感を出すなどの後加工をした。回復性の高いストレッチ、防しわ、接触冷感生地を使ったイージーやワイドパンツもある。

 レディスはリブランディングし、従来から強みとするデニムやワークアイテムをより女性らしく表現する。ディテールの変化や、フォーマル調の素材を取り入れた構築的なシルエットや落ち感を盛り込む。30代の自立した女性を取り込みたい考え。

 ハイウエストのワイドジーンズは、裾よりも目に留まりやすいウエストベルト部分をフリンジ仕上げにした。細くて華奢(きゃしゃ)なデニムサスペンダー付き。1万9000円。綿・ウールの総柄でオープンカラーのノースリーブシャツ(1万5000円)と組み合わせる。経糸をムラ染めすることで素材に深みを出した12オンスのオリジナルデニムを使ったジーンズもある。

メンズのスポーティーな要素を加えたデニムアイテム
レディスのサロペット付きハイウエストジーンズ、開襟ノースリーブシャツ


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop