東京ブランド22年春夏 きりりとした女性らしさ

2021/10/20 06:28 更新会員限定


Medium fotojet  88

 東京ブランドの22年春夏は、立体のフォルムやカットの変化が目を引く。ボリュームを落として柔らかな輪郭を描くバランスに、きりりとした女性像を感じさせる。型にはまらず緊張感を持って、ポジティブに未来を見据える今の気分を象徴している。

(須田渉美)

 伸びやかなクリエイションで新鮮味を出したのは「アキラナカ」(ナカアキラ)。京都出身の陶芸家、河井寛次郎の後期の作品に着目、その自由で様々なスタイルに美を見いだす姿勢を、洋服の制作過程に反映した。曲線の造形をグラフィカルな柄に置き換えたり、背中に結び目が連続したような形のひもを垂らしたりと、完成させない美のバランスに豊かな魅力を感じさせる。素朴さのあるテクスチャーを生かし、うねりを出していくテクニックも面白い。たとえば、和紙・シルクの生地を使ったパンツは、前身頃のシームにパネル状の布を差し込み、フリルやプリーツとは異なる解放感のあるシルエットでスマートな女性らしさを見せた。

アキラナカ

関連キーワード無料会員限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop