リアルクローズのディレクター&デザイナーに聞く「私たちが考える21~22年秋冬」

2021/04/14 06:30 更新会員限定


Medium %e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%81%ae%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bc %e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc  %e7%a7%81%e3%81%9f%e3%81%a1%e3%81%8c%e8%80%83%e3%81%88%e3%82%8b21 22%e5%b9%b4%e7%a7%8b%e5%86%ac  %e6%98%8e%e3%82%8b%e3%81%8f%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%82%80%e6%9c%8d%e3%82%92

 リアルクローズブランドのディレクターやデザイナーに、21~22年秋冬の注目ブランドと企画のポイントを聞いた。ワントーンやバイカラーといった色の表現、柄はチェック、相反する要素のスタイリングに注目する声が目立ち、ブーツの新しい合わせ方にも着目している。コロナ下の新しい消費動向には寄り添いつつ、ブランドの個性をより際立たせる企画が多くなりそうだ。

【関連記事】21~22年秋冬デザイナーコレクション 有力ショップ&百貨店のバイヤーはここに注目

1=気になったブランドとそのスタイル

2=コロナ下で消費動向が変わるなか、考えたこと

3=秋冬のテーマ、企画

■ローズバッド(ローズバッド)デザイナー 水島聡美さん

1=「アルベルタ・フェレッティ」(A)のブルー×オリーブのカラーコーディネート。「アクネ・ストゥディオズ」(B)のショート丈のニットカーディガン、柔らかいカラートーン。

2=新しい気分になり、高揚感を感じられるファッションを意識しています。洋服が本来持つ、個人の魅力、自信を引き出すお手伝いができるアイテム、コーディネートを提案したい。

3=中東の伝統品に着想を得た柄、ふんだんに刺繍を施したアイテム、まるで旅に出てお気に入りを見つけたような気持ちになるテーマ。他にはなく、お客様それぞれの特別な一着になれる洋服を提案。


A.アルベルタ・フェレッティ

B.アクネ・ストゥディオズ

■アメリビンテージ(ビーストーン)CEO/ディレクター 黒石奈央子さん

関連キーワード無料会員限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop