18~19年秋冬パリ・コレクション サンローラン

2018/02/28 17:19 更新


Medium ysl det fw18 175

 【パリ=小笠原拓郎、青木規子】18~19年秋冬レディスコレクションは、いよいよ舞台をパリへと移した。他都市のコレクションが勢いを失う中で、中核ブランドを集めてパリ一極集中ともいえる状況が続いている。これまで序盤は若手が中心となっていたが、スケジュールの変更でビッグブランドも相次いで新作を披露した。

(写真=大原広和)

【関連記事】18~19年秋冬ミラノ・コレクション マルニ

サンローラン

 エッフェル塔を望むトロカデロ広場に巨大なテントが張られ、零下5度の寒空の下、たくさんのライトが周辺を明るく照らす。午後8時、エッフェル塔が明滅し始める時刻に合わせて、会場内のライトが光のウェーブを作り出す。

 アンソニー・ヴァカレロによるサンローランの新作は、ヴァカレロらしい官能的なラインが勢ぞろいした。黒、光沢、ミニ、レザー、ベルベット、帽子。ヴァカレロのアイコンであり、サンローランの共通するアイコンでもあるいくつかの要素を散りばめて、若々しい女性像を描く。極端なショートパンツ、ラメのジャケット、フリルが揺れるブラウスにタッセル飾り。スクエアショルダーのジャケットなどトップのボリュームと、マイクロボトムがコントラストを作る。ファートリミングのベアトップドレスがセンシュアルなムードを作り、曲線的に布を立たせたミニドレスが造形のフォルムを生み出す。ラメグレンチェックのコートやジャケットでマスキュリンのエッセンスを少しだけ垂らして、パゴタスリーブのドレスが強さを加える。

サンローラン
サンローラン

 メンズは細身で、やはり若いイメージ。ブーツカットのパンツに合わせたショート丈のジャケットやベルベットのスーツが揃う。

 フィナーレは黒から一転、鮮やかな花柄のビジュードレスがいっぱい。前シーズン、イヴ・サンローランのアーカイブを背景にした造形ドレスを見せたヴァカレロだが、秋冬はイヴの時代のサンローランを思い出すものはわずか。エディ・スリマン以降の若いサンローランの流れを踏襲するかのようなコレクションに映った。エディほどロリータ風ではなく、大人っぽさと官能性を強調するのがヴァカレロの特徴ではあるが。

 時代は移り、顧客層もブランディングも大きく変わったサンローラン。今さら、イヴの時代を懐かしむのも懐古趣味なのかもしれないが、サンローランの持つエレガンスについて、どうしてもあの時代と比べてしまう。ヴァカレロのコレクションの良しあしにかかわらず、彼はそういう呪縛を背負わざるを得ない。

> 続きは繊研新聞の本紙・電子版で

18年春夏繊研レディストレンドセミナーはこちら


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop